きゅうり天王さん宵宮

 毎年7月14日に諏訪神社境内の八坂神社のきゅうり天王さん宵宮が行われます。

 普通、神社へのお供え物と言ったらお賽銭ですがきゅうり天王さんではその名の通り、「きゅうり」をお供えするのです。なぜきゅうりをお供えするのかというと、その昔疫病がはやり井戸などの水が飲めなくなった際に、水分の多い「きゅうり」を食べることによって水分をとり命を永らえたということがあったようで、そのことから疫病消除 病魔退散 身体健康に霊験あらたかな神である牛頭天王を祀る八坂神社にご加護を賜るため宵宮祭りにきゅうりを奉納することになったとのこと。

諏訪神社境内 八坂神社

 例年ですと、きゅうり天王の夜は近隣商店街では屋台や出店が並んだり、お店も閉店時間延長したりと、多くの人で賑わいをみせます。また、子どもたちにとっては夏休み前の一大イベントとなっており一年の中でも一番の賑わいを見せる日でもあります。

 きゅうり天王さんの時は、参門から境内にかけてきゅうりを手にした人々がずらっと並ぶ光景は事情を知らないひとにとっては異様な光景にうつるかもしれません(笑) 今年は出店等の出店は無いようですが、きゅうり片手に神社を訪れてみてはいかがでしょう?

リンク:諏訪神社公式サイト 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

0197編集局